2022年初仕事

1月4日(火)雪が舞う中、田村市役所と田村市社会福祉協議会に年始挨拶に伺い、住民主体型サービス事業について意見交換した。今年は、N P O法人2年目の年。会員に対する移動支援事業(訪問D事業に該当しない利用者を想定)と子ども食堂開設を想定し、厨房設備のある公民館などを利用した調理&食事会を月1回から始め、定期的に開催できることを目指す。事務所に戻ると、一面雪だったので、久しぶりに除雪機を出して、ひと汗かいた。その後、郡山に戻ると、農協のケアマネージャーから、要介護1の方で自宅に瓶ゴミが10袋あるので、清掃センターまで運ぶ業者を探して、船引フォーラムに辿り着き、連絡した、シルバー人材センターにも断られたとの事。念の為、市役所の生活環境課に電話で問い合わせしてみた。法律に基づき、廃棄物の収集・運搬は許可業者のみ許されているので、それ以外の業者は無償以外はできないとの事であった。すぐにケアマネージャーに情報を伝達した。

管理人 について

「父が生まれ育った船引町で、いつまでも住み慣れたまちで安心して暮らし続けるために」という気持ちで、共生社会の実現を夢見つつ、仲間と奮闘しております。出会った人に笑顔になって頂くことが嬉しくて、楽しい日々の連続です。お陰様で、離れて暮らす長男、次男は結婚して孫も4人おり、妻とパルちゃん(インコ)と仲良く暮らしております。
カテゴリー: 事業内容 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA